銀行のカードローンと差別化を図る消費者金融

かつては悪いイメージがあった消費者金融ですが、最近はそのようなイメージはあまり聞かなくなってきました。

 

消費者金融のライバルは銀行のカードローンです。金利では銀行のカードローンにどうしても劣るため、それ以外のところで努力をしています。

 

借りやすさの向上もその一つでしょう。銀行のカードローンは特定の条件に合わない限り申し込んでから実際に入金されるまでに数日〜1週間程度かかります。それに対して消費者金融は申し込んだその日にお金が入金されるプランを用意しています。急にお金が必要になった時などは銀行のカードローンよりも利便性が高くなっています。またローンを申し込む場所として無人契約機を各地に展開しています。またネットから申し込むこともできるようにシステムを整備しています。必要になった時に、必要なところで借り入れできるという点で銀行のカードローンと差別化を図っています。

 

また消費者金融というシステム自体についての安全性も高めています。実は現在の大手消費者金融はすべて銀行の子会社になっています。社内規定なども銀行の基準になっており、以前のような違法なことはできなくなっています。

 

「銀行のカードローンがライバル」と書きましたが、実はお互いに補完関係にあるのです。目的や金額を考えて、両者をうまく活用していきたいものです。

 

安い引越し業者なら引っ越し業者/一括くらべる君/