一戸建て事始め 地盤調査の重要性を知ろう

建て替えと調査

住宅は年月が経過することによって、どんどん老朽化が進んでしまいます。
そこで場合によっては、一戸建ての建て替えを検討しないといけないケースも出てくるかもしれません。
特に中古の戸建て住宅を購入して、しばらく時間が経過した場合には、建て替えをせざるを得ないケースも出てくる可能性もあります。
ところで、建て替えをする場合にはもともと自分の所有している土地に建物を建設する形になります。
そうなれば、別に地盤調査する必要はないのではないかと思う人もいるでしょう。
しかし建て替え工事をするためであっても、地盤調査を実施する必要があります。
これは国土交通省の建築基準法の中にも定められていることなので、注意する必要があります。
この時に、工務店が建物の保証をする必要があります。
もし建物に何らかの不備があった場合には、工務店がその結果によって発生した補修費を負担しないといけないことになっています。
これは一種の保険であって、保険会社もかかわることになります。
保険会社が保障をするときに、いろいろと条件を設定することがあります。
その中の一つに、基礎工事を行うという条件があります。
基礎工事を行うといっても、土地の形状や特性によって、それに見合った工事も変わってきます。
そこでどのような種類の工事をするか判断をするために、地盤調査を実施する必要があるわけです。
このため、建て替え工事をするときにも地盤調査を実施する必要があると思っておきましょう。
戸建てを購入するときには、土台となる地盤がかなり重要なウェイトを占めることがこれでお分かりになるかと思われます。
そこで一戸建ての物件を探すときには、建物やその中に入っている設備ももちろん重要なポイントになってくるかもしれません。
しかし土地に関してもかなり重要なエッセンスが含まれていることをしっかりと認識しましょう。
地盤が同であるかは、地盤調査や昔の地図などの資料でいろいろと確認できるので、チェックを怠らずに行いましょう。
おすすめサイト