一戸建て事始め 地盤調査の重要性を知ろう

スウェーデン式サウンディング方法

現在提供されている地盤調査には、いくつかの種類があります。
その中でも、スウェーデンが発祥されている方法の中に、スウェーデン式サウンディング方法と呼ばれる事案調査の方法があります。
戸建ての地盤調査の方法としては、日本では主流の地盤調査の方法です。
対象の土地に対して、スクリューを突き刺していきます。
スクリューは、鉄製の棒によって製造されています。
土地にスクリューを突き刺して、そこにおもりを加えていきます。
上部のところにハンドルがついていますので、これを回すことでスクリューをさらに土地の奥深くに突き刺していきます。
地中にスクリューが25陥入するために、どれくらいハンドルを回さないといけないかをベースにして土地の強さを測る方法です。
ハンドルを多く回転させるということは、それだけしっかりとした地盤で、なかなかスクリューが先に入っていかないということを意味しています。
スウェーデン式サウンディング方法のいいところは、狭い土地であっても比較的簡単に地盤調査を実施できるところにあります。
スクリューで穴をあける個所は、柱を立てる四隅に打ち込めばOKです。
理想を言えばもう1か所、建物のちょうど中心にあたる部分も調査できれば、より確実に地盤の頑丈さを検査できます。
スクリューを打ち込むだけなので、櫓のような余計なものを設置する必要もありません。
おそらく調査にかかる期間は半日程度で済むのではないでしょうか?
地盤調査をするにあたって、費用が余計にかなり掛かってしまうのではないかという不安を抱く人も多いでしょう。
しかしスウェーデン式サウンディング方法の場合、思っているよりも費用がさほど掛からないところも魅力です。
業者によって多少の違いがあるものの、高いところでも8万円台で地盤調査をお願いすることが可能です。
中には、5万円台程度でスウェーデン式サウンディング方法による地盤調査を担当してくれるようなところもあります。
おすすめサイト