一戸建て事始め 地盤調査の重要性を知ろう

液状化に注意

日本は地震大国なので、全国どこでも大きな地震に見舞われる可能性があります。
震災のような大規模地震が発生した時に注意しないといけないのは、液状化の問題です。
大きく地面が揺さぶられることで、土地の含まれている水分があふれ出て、戸建て住宅などの建物を傾かせることがあります。
先の東日本大震災でも、大規模に発生した現象なので、記憶に新しいという人もいるのではないでしょうか?
液状化というと、湾岸の埋め立て地になっているところで発生するというイメージを持っている人もいるかもしれません。
しかし東日本大震災を見てみると、埼玉県の久喜市や千葉県の我孫子市のような湾岸地域ではないところでも、液状化現象が報告されています。
なぜこのようなことが起きたかというと、そのような場所はもともと川や沼、田んぼだった地域でそれを埋め立てて住宅用の土地にしていた歴史があったためです。
このように湾岸ではないから液状化は起こらないと思っていると、意外なところで足元をすくわれてしまう可能性もあります。
液状化現象が起こると、建物が傾いてしまいます。
そうすると、家の中にいるだけで平衡感覚がおかしくなってしまうことがあります。
本来は安心できるはずの住宅内で、気持ち悪くなってしまうことがあります。
また液状化現象が起きる地域ということになれば、その地域に対する評価は当然のことながらマイナスになります。
そうすると、建物の資産価値もダウンしてしまう可能性があります。
液状化で、これ以上マイホームで暮らせないとして売却を検討しても、なかなか買い手がつかない可能性もあります。
買い手がついたとしても、液状化の影響で売却価格がかなり安く買いたたかれてしまう恐れもあります。
その結果、住宅ローンの残債がある人は売却益だけでは、完済できなくなってしまう可能性も十分にあり得ます。
そこで、戸建てを建設するときには、その土地の歴史がどのような感じなのかを頭の中に入れておく必要があります。
おすすめサイト