一戸建て事始め 地盤調査の重要性を知ろう

地名に注意してみる

それぞれの地域に、いろいろな地名がついています。
この地名ですが、適当に名づけられているわけではありません。
地名には、その地域に由来する言葉が使われていることが多いです。
実は、この地名をチェックすることでもともとその周辺はどのような土地であったのかを推測できるといわれています。
戸建ての住宅を購入する場合には、地名もしっかりと確認しておいた方がいいでしょう。
基本的に水にまつわるようなキーワードが地名の中に含まれている場合には、地盤に問題があると思った方がいいでしょう。
具体的には谷や川、田、沼といった言葉が地名に入っている場合には、もともとそのような地域で埋め立てをすることで、住居スペースを作った可能性が高いです。
その他には、蓮とか亀といったワードも水を連想させます。
このため、そのような地名のついている地域は軟弱地盤によって構成されている可能性が高いです。
ただし最近の地名を見てみると、いろいろな地域が合併して新しい地名に変更されている場合も少なくありません。
特に新興住宅地では、地名が改められている傾向がありますので、見た目の地名だけではなかなか判別できないようになっているケースもあります。
そのような場合には、昔はどのような地名で呼ばれていたのかをチェックする必要があります。
不動産会社の担当者に確認してみるのもいいでしょうし、そのほかには役所に行けば、昔の地図を入手することも可能です。
この昔の地図を使って、もともとはどのような地名だったのかを確認してみるといいでしょう。
また地盤がいいかどうかをチェックする方法として、自分でも簡単にチェックできる方法があります。
たとえば敷地の上を歩きまわってみましょう。
ふわふわするような感触を持った場合には、その地盤は問題がある恐れが出てきます。
またスコップを使って、数十程度掘ってみる方法もあります。
もし掘り出してみて、水がしみだしてくるような状態であれば、地盤がもろい可能性がありますので注意しましょう。
おすすめサイト