一戸建て事始め 地盤調査の重要性を知ろう

敷地調査を行うこと

土地には、いろいろな特徴や性格を持っています。
このため、土地の性質によって、建設できる戸建ての種類が限定されることもあります。
そこで注文住宅などを建設するときには、敷地調査を実施することが一般的です。
敷地調査をすることで、住宅づくりの基本方針を固めていきます。
敷地の形状や大きさをチェックするだけでも、いろいろな問題点が見つかってくることもあります。
その中でも結構多く出てきて、かつ放置をしていると深刻な問題に発展してしまいがちなのは、隣家との敷地の境界の問題です。
日本全国の土地を見てみると、どこまでが自分の敷地でどこからが相手の敷地かという境界があいまいになっているところがあります。
さらには、土地の権利関係が複雑に入り組んでいるところもあります。
特に昔ながらの戸建てが建設されているところの場合、まだ権利関係などが意識として強く認識されていなかった可能性があります。
このため、境界線不明というケースもありますので注意しましょう。
そのような場合には、隣家の人や地主の人なども呼んで、今一度土地の境界を明確にしておく必要があります。
このようなことを最初のうちに行っておかないと、ご近所トラブルに発展してしまう可能性もあります。
賃貸物件の場合には、トラブルになって解決できない場合には、引っ越ししてしまえばいいということも可能でしょう。
しかし一戸建て購入となると、そう簡単に引っ越しができなくなりますので、トラブルが深刻な事態に発展してしまう可能性もあります。
その他には、電気やガス、水道といったものは生活をしていくために欠かせないものです。
これらの管を配置する場合にも、土地の形状や大きさによってはいろいろな制限が加わる可能性もあります。
このようなことは、敷地調査をすることによって、いろいろと判明する可能性が高いです。
特に都市部の場合には、法規制が厳しい側面がありますので、敷調査をすることで、条件をしっかりと理解しておく必要があります。
おすすめサイト